Page top

もうすぐ年末調整の時期になります。
以前にもこのコーナーでお知らせしていましたが、
平成30年分から配偶者控除・配偶者特別控除の取扱いが変更されているので、
簡単におさらいしてみましょう!

今回の改正では配偶者控除の収入の壁が103万円から150万円までに
引き上げられたと言われていましたが、それは正しくありません。
150万円の収入であれば、今までの配偶者控除と
同額の配偶者特別控除が受けられるという意味になります。
しかしながら、今回はこの配偶者控除、配偶者特別控除の規程に
納税者本人の所得制限が追加されていますので、
しっかり押さえておく必要があります。

配偶者(特別)控除を受けるためには、納税者本人の所得が1,000万円以下であることの他に、配偶者が以下の要件を満たしている必要があります。

・民法の規定による配偶者であること
・控除を受ける人と生計を一にしていること
・その年に青色申告者の事業専従者としての給与の支払を受けていないこと
    又は白色申告書の事業専従者でないこと
・他の人の扶養親族となっていないこと
・年間の合計所得金額が123万円以下であること

また、控除額については納税者本人の所得配偶者の所得に応じて段階的に規定されています。具体的な金額については下表の通りです。
(給与所得者の場合には
    収入金額から給与所得控除を引いた金額が所得金額になります。)

 

 

 

 

 

 

ご不明な点があれば、税理士法人エンカレッジまでお気軽にご相談ください!