Page top

法人の役員や従業員さんが、業務中にスピード違反や駐車違反をしてしまった場合の交通反則金についてのお話です。

さてこの交通反則金は損金になるのでしょうか?

結論は、「なりません」。

理由は、交通反則金は国がペナルティとして課すものであり、損金として認めれば、
反則金分だけ会社の利益が減少され、結果として法人税が減ることになります。
つまり、ペナルティに節税効果があるのでは、罰としての効果を減殺してしまうため、
法人税法では、損金算入を認めていないのです。

なお、業務外の交通反則金を会社が負担する場合は、
本来負担すべき役員又は従業員に対する給与(賞与)として取り扱われます。

【まとめ】
反則金を支払っても何も良いことがないので日々安全運転を心がけましょう!