新卒採用2021
Page top

平成26年1月から NISA(少額投資非課税制度)がスタートしました。
こちらでは、税制上のメリット、デメリットを中心にお伝えします。

【メリット】 
①年間100万円まで購入した株式や投資信託などの売却益や配当について、いくら儲けたとしても非課税となる。(NISA口座以外では20.315%課税されます)
②枠は一人につき年間100万だが、H26年から平成30年までの5年間で総額500万まで利用できる。(使い切らなかった枠の繰り越しはできません)

【デメリット】
①株価が下がって売却損を出したとしても、他のNISA口座以外の株式等の黒字と損益通算ができない。また、NISA口座の赤字は翌年に繰越しできない。
②現行法では、一度開設すると4年間は、ほかの金融機関ではNISA口座をつくれない。
③配当について、発行会社から直接配当金領収書等で受け取った場合は非課税にならない。
④すでに持っている株式などは、NISA口座に移管できない。
⑤口座開設まで、1か月半ほどかかり、住民票の写しの提出が必要。
※デメリットについては、利便性を高めるための改善が今後図られる見込みです。

詳しくは各金融機関にお問い合わせください。