新卒採用2021
Page top

札幌市においても新型コロナウイルスの感染者数が増加し、非常に苦しい状況が続いております。
札幌市では令和3年5月12日(水曜日)から令和3年5月31日(月曜日)にかけて、まん延防止等重点措置および緊急事態措置により市内全域の飲食店等に対する営業時間の短縮等の要請がなされています。
そこで、この期間要請に応じる施設(店舗)には札幌市より協力支援金が支給されることが公表されました。

【対象施設】
札幌市内全域の飲食店、カラオケ店、飲食店営業許可を受けている結婚式場

【要請内容】
・酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等(利用者による酒類の店内持込みを認めている飲食店を含む)
➢休業すること(従来から20時を超えて営業している場合は、営業時間を5時から20時までとし、酒類及びカラオケ設備の提供を行わないことでも可)

・上記以外の飲食店(宅配・テイクアウトを除く)
➢営業時間は5時から20時までとすること

・全ての飲食店等
➢次の感染防止対策を実施するほか、業種別ガイドラインを遵守すること
・従業員への検査推奨
・入場者の整理・誘導
・発熱その他の症状のある者の入場禁止
・手指消毒設備の設置
・事業を行う場所の消毒
・マスク着用その他感染防止に関する措置の周知
・正当な理由なくマスク着用等の感染防止措置を講じない者の入場禁止(既に入場している者の退場も含む)
・施設の換気を行う
・アクリル板等の設置又は利用者の適切な距離の確保等の飛沫感染防止に効果のある措置を講じる

【支給額について】
1日あたりの支給額を以下の計算方式のいずれか有利な方で計算し、要請期間(20日間)を乗じることで総額を算出します。(大企業の場合は②で算出)

①「1日当たりの売上高」×0.4
②「1日当たりの売上高」の減少額×0.4

※売上高の金額は税抜きです。
※「1日当たりの売上高」の算出方法
 ①(2019年又は2020年の5月の売上高の合計)÷31
 ②(2019年又は2020年の5月の売上高の合計)÷31 − (2021年の5月の売上高の合計)÷31

中小企業(個人事業主含む)は、1施設1日あたり最大で10万円の支援を受けることができます。
申請受付は6月1日(火曜日)より開始されます。

詳細は下記の札幌市のホームページをご覧ください。
https://www.city.sapporo.jp/keizai/chusho/manenboshi.html