Page top

労働時間等の設定の改善により、所定労働時間削減や年次有給休暇の取得促進に取り組む
中小事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成するものです。

●対象事業主
雇用する労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数が13日以下であって
月間平均所定外労働時間数が10時間以上であり、労働時間の設定の改善に
積極的に取り組む意欲がある中小企業事業主

●支給対象となる取組
・労働管理担当者に対する研修
・労働者に対する研修、周知・啓発
・外部専門家によるコンサルティング
・就業規則・労使協定等の作成・変更
・労務管理用ソフトウェア、労務管理機器、デジタル式運行記録計、テレワーク用通信機器、
労働効率の増進に資する設備機器等の導入・更新

●成果目標
支給対象となる取組は、以下の成果目標を目指して実施する必要があります。
・年次有給休暇の取得促進・・・労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数を4日以上増加させる
・所定外労働の削減・・・労働者の月間平均所定外労働時間数を5時間以上削減させる

●評価期間
「成果目標」の評価期間は、事業実施期間中(事業実施承認日から平成29年2月15日まで)
の3ヶ月を自主的に設定

●支給額
「支給対象となる取組」の取組の実施に要した経費の一部を、「成果目標」を達成した場合に支給



 

 

 

 

 

 

※画像をクリックすると拡大します。

詳細は厚生労働省のHPをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisiki.html
(URLをクリックするとページに飛びます。)

利用に当たっては申請が必要となり、締め切りは平成28年10月17日(月)です。