Page top

非正規雇用労働者(有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者等)の企業内での
正社員化、人材育成、処遇改善等、キャリアアップ促進を目的とした助成金制度です。

事業所ごとに有期契約労働者等の雇用改善を行う「キャリアアップ管理者」を配置し、事業主が作成する
「キャリアアップ計画」に基づき、以下の①~③のいずれかを実施した事業主は助成を受けることができます。

<1>正社員化コース
非正規雇用労働者の「正社員化」、または派遣労働者を直接雇用した場合等に助成されます。
①有期契約労働者→正規雇用労働者へ(1人当たり60万円)
②有期契約労働者→無期契約社員へ(一人当たり30万円)
③無期契約労働者→正規雇用労働者へ(1人当たり30万円)
④有期契約労働者→勤務地・職務限定正社員、短時間労働正社員へ(一人当たり40万円)
⑤無期契約労働者→多様な正社員へ(一人当たり10万円)
⑥多様な正社員→正規雇用労働者へ(一人当たり20万円)
※派遣労働者→派遣先で正規雇用労働者へ(①・③一人当たり30万円加算、④・⑤一人当たり15万円加算)

<2>人材育成コース
非正規雇用労働者の職業訓練や実習訓練等を実施し、「人材育成」した場合に助成されます。
・0ff-JT(一般職業訓練)
→賃金助成:一人当たり一時間800円 経費助成:最大30万円
・中期キャリア形成訓練
(訓練後に正社員化した場合)→最大50万円 ※実費を限度

<3>処遇改善コース
非正規雇用労働者の基本給増額や正規雇用労働者と共通の処遇制度を導入する等、
「処遇改善」した場合に助成されます。
・すべての賃金テーブルを改定し2%以上増額
→1人~3人:10万円 4人~6人:20万円 7人~10人:30万円等
・一部の賃金テーブルを改定し2%以上増額
→1人~3人:5万円 4人~6人:10万円 7人~10人:15万円等
・正規雇用労働者と共通の賃金テーブルを導入・適用→1事業所あたり60万円
・法定外の健康診断制度を新たに規定し4人以上実施→1事業所あたり40万円
・短時間労働者の週所定労働時間を25時間未満から30時間以上に延長→一人当たり20万円

詳しくは厚生労働省のHPをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html

キャリアアップ助成金のご案内(パンフレット)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000119906.pdf
(URLをクリックするとページに飛びます。)