新卒採用2021
Page top

平成28年度両立支援助成金に新設された助成金で1企業1回60万円が支給されます。

育児休暇を取得したというお話はよく耳にしますが、介護休暇はまだまだ利用者が
少ないのが現状ではないかと思います。

こちらの助成金は介護休暇利用者がいなくても、取り組む事により受給できるものです。

取組内容は
・仕事と介護の両立に関する実態把握(社内アンケートの実施)
・社内研修(厚生労働省のHPで研修資料ダウンロード可能)の実施
・相談窓口の設置・周知
となっており、これらすべての取組を行った場合に支給されます。

助成金の共通要件等、他にも要件がございますので厚生労働省の支給要領等をご確認ください。

【研修資料:厚生労働省ホームページ】
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=346516&name=file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/sankou-kensyu.pdf

【申請書:厚生労働省ホームページ】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/index.html

【リーフレット:厚生労働省ホームページ】
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000112275.pdf

【詳細:厚生労働省ホームページ】
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/koyouantei_22-3.pdf

従業員への実態把握等は、助成金を利用しなくとも実施することで将来への備えとなります。
この機会に介護休暇の制度についての理解・関心を深め、少子化高齢化社会に強い企業を目指しましょう。

【H28.6.24改定】
↓こちらの記事が最新です。↓
http://encourage-tax.coms/subsidy/1225
(URLをクリックするとページに飛べます。)