Page top

マイホームを新築、取得、増改築などをした場合で一定の要件を満たしたとき、
住宅ローンの残高を基に計算した金額を所得税から控除する制度が
住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)です。

近年新築マンションの価格が高くなっていることを受け、
中古住宅を購入されて住宅ローン控除を受けられる方が増えています。
その中で、「中古住宅は築20年(25年)以内のものじゃないと住宅ローン減税をうけられないんだよね?」
というご質問をいただくことがありますが、築20年(耐火建築物の場合は25年)を超える中古住宅でも
住宅ローン控除を受けられる場合があります。

取得した中古住宅が、
・耐震基準適合証明書による証明のための家屋の調査が終了したもの、あるいは
・既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約が締結されているもの
であれば、築20年又は25年を超える中古住宅でも住宅ローン控除を受けることができます。

ここで一つ注意点。
耐震基準適合証明あるいは既存住宅売買菓子担保責任保険契約はその中古住宅の
「購入前までに」証明または締結していなければなりません。

築20年(25年)を超える住宅の購入をしている物件に耐震証明や瑕疵保険が付されているかどうかは、
事前に仲介業者の方や売主から確認することができます。
付されていない場合は、購入前までに条件を満たすことができるかどうかも含めて
専門家に相談することをおすすめします。

中古住宅を取得した場合の住宅ローン控除には他にも諸要件がございます。
ご質問などについては、税理士法人エンカレッジまでご相談ください。