Page top

今年も所得税の確定申告の時期がやってきました。

今日は所得税について少しだけ書かせていただきたいと思います。
所得税とは個人のいろいろな所得、例えば給与、不動産の家賃収入、個人事業者であればその商売で得た利益などにかかる税金です。
所得には様々な種類があり上記の給与所得、不動産所得、事業所得をはじめ、利子所得、配当所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得、雑所得と10種類に分かれています。

それぞれ所得の種類によって計算方法が異なりますが、基本的には収入から必要経費などを差し引いて所得を計算します。また、そのように計算した所得の中で一定のものは損益通算といって一方の所得で黒字が出ても他の所得で赤字が出れば差し引きすることができます。
そこで計算された所得の合計額から、扶養家族がいる場合は扶養控除、社会保険料・国民保険料などの社会保険料控除、生命保険などの生命保険料控除など控除合計を計算し差し引いて算出されるものが課税所得と言われ、その金額に税率を乗じて所得税を計算することになります。

会社にお勤めの方でも2か所以上から給与収入を得ている方、給与所得と退職所得以外の所得が20万円を超える方などは確定申告が必要になる場合があります。確定申告の受付開始は2月17日から申告期限は3月15日(今年は土曜日のため3月17日)となりますのでお忘れなく!

相談などはぜひ遠藤会計へ!!