Page top

よく受ける質問や話の中に「スーツは経費にならないの?」、「サラリーマンにも交際費を認めてほしい」
といったものがあります。
そうそうと思っている方、「特定支出控除」をご存知ですか?

サラリーマンなどの給与所得者が特定支出をした場合、確定申告をすることで一定金額を
給与所得控除後の金額から差し引いて、所得税を計算できる制度が「特定支出控除」と呼ばれるものです。

特定支出には以下のものがあります。
①通勤費
②転居費
③研修費
④資格取得費
⑤帰宅旅費
⑥勤務必要経費(図書費・衣服費・交際費等)

①~⑥であればどんなものでも特定支出に該当するわけではなく、
①であれば通勤のために必要な交通機関利用のための支出であったり、
④であれば職務に直接必要なもの、
⑥の交際費等については職務上関係のある方に対する接待などの支出でなければなりません。
要は、職務に関連する支出でなければならないということが一つのポイントです。

ちなみに⑥(スーツや交際費)は合計65万円が上限となっています。
また、特定支出は会社にその支出を証明してもらう必要があります。

特定支出控除は特定支出の合計額が給与所得控除額の1/2(最高125万円)を超えた部分の金額について適用されます。
具体的な例を挙げますと、年収400万円の方の場合、
特定支出が67万円を超えてくると特定支出控除を受けることができます。なかなかのハードルです。

他にも判断に迷いそうな要件や範囲もございます。
特定支出控除制度について気になる方は弊事務所担当者までお問い合わせください。