Page top

国税庁から「改元に伴う源泉所得税の納付書の記載の仕方」
リーフレットが公表されました。
(源泉所得税の納付書を例にされていますが、他の納付書も同様です)

来月の「令和」への改元後においても、「平成」が印字された納付書を
引き続き使用する事が出来ますが、留意点があります。

◆納付書に印字されている「平成」の二重線による抹消や
「令和」の追加記載などの補正は不要です。

平成31年4月から令和2年3月31日の間に納付する場合、
納付書左上の「年度欄」「31」と記載します。

源泉所得税の納付書の「支払年月日」と「納期等の区分」は令和1年を平成31年と記載しても有効との事です。

なお、新元号が記載された納付書は10月以降に配布される予定です。

国税庁HP:改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/kaigennitomonau/01.htm