Page top

「先端設備等導入計画」は、中小企業・小規模事業者等が、
設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画です。

制度の利用にあたっては「導入促進基本計画」を導入を予定している
設備の所在する市町村ごとに提出する必要があります。
また、認定された場合、税制や金融面で支援措置を受けることができます。

具体的な税制支援として、一定の要件を満たした場合、
新規取得設備に係る固定資産税の課税標準が最大3年間にわたって
 0 (ゼロ) ~ 1/2  の割合に軽減されます。

注意点として、先端設備等導入計画は、設備を取得する前までに認定
受ける必要があります。

新規で設備の取得を検討されている会社・事業主様は本制度適用の有無も含め、
事前に弊事務所監査担当者へご相談ください。