Page top

2006年5月~ それまでの有限会社に代わって
新しい会社の形態として作られた合同会社(LLC)ですが、
日本での知名度はまだまだ低いものの、
少しずつ増えてきているように思います。

LLCを設立することのメリットとしては、
なんといっても設立費用が安いことです。
株式会社ですと最低でも15万円~かかりますが、
LLCの場合、最低6万円~設立することができます。
(※上記の金額には、専門家の報酬費用、印紙代等を含んでいません。)

また最低資本金の制限がなく、資本金1円~設定可能
そして社員も有限責任社員1名いれば設立することができます。

このように株式会社より費用を抑えて安く、
気軽に設立できる会社形態であることがお分かりいただけたと思います。

また、株式会社とは違い、
お金をたくさん出資した人に利益がたくさん配分されるということがなく、
内部で自由に利益配分を決定することができます。
よって、LLCは自由な形態で会社を運営したいという人に向いていると言えます。

ちなみにLLCの場合、
株式会社と同じく法人税により税金が課税されます。
(もし税金納付後に利益配分を行った場合は、さらに課税されます。)

このように一見メリットだらけに思われるLLCですが、
日本では知名度がかなり低いこともあり、
株式会社の方が信用度が高いことは明らかです。

業種などによっても
LLCの形態をとることによる向き不向き等があります。

エンカレッジにはLLCに限らず、
会社設立に詳しい税理士が複数在籍しておりますので、
もし新しく会社を設立したいとをお考えの方は、
一度、お気軽にご相談ください。