Page top

税理士法人エンカレッジでは、
「今までのキャリアを活かして独立したい。」という
起業家精神にあふれた方を応援しています。
開業するにあたってまず必要となるのが、事業用資金です。
そこで今回は創業融資の代表的なものについてご紹介していきます。

・日本政策金融公庫
①創業の要件 新たに事業を始める方、
または事業開始後税務申告を2期終えていない方
②融資限度額 3,000万円(うち運転資金1,500万円)
③金利 1.11%~2.45%

・北海道 創業貸付
①要件 新たに事業を始める者、事業開始後5年以内
②融資限度額 3,000万円以内
③金利 固定金利1.2%~1.8%
変動金利 1.2%

・札幌市 創業・雇用創出支援資金
①要件 札幌市内で創業する方及び創業後5年未満の者、
融資申請日前6か月以内に、新たに常用従業員を1名以上雇用した者
②融資限度額 5,000万円
③金利 年1.1%以内

※金利については変動している可能性がございます。

上記のような創業融資を受けるには創業計画書が必要です。
税理士法人エンカレッジでは創業計画書の作成や、
多数の金融機関と連携し資金調達についての情報交換をすることにより
関与先の発展のために全力を尽くしています。
独立開業をお考えの方や独立してまだ間もない方で
資金調達をお考えの方はお気軽にぜひ一度ご相談下さい。