Page top

こんにちは、宇野です。
最近は雪融けと積雪を繰り返す、ちょっとおかしな天気が続いていますね。
日によって寒暖差が激しいので、体調を崩さないように気を付けたいものです。

さっそくタイトルを回収していきたいと思います。
青春というと夏のイメージが強い方も多いかもしれませんが、
3月にも色々な青春があるものです。

わかりやすいのは卒業の季節、というものですが、
それはベタなので今回は割愛。

10年前の3月。
私はもうすぐ高校3年生になる野球部員でした。

最後の春・夏に向けて、少しでも早く土の上で練習がしたくて、皆で一生懸命グラウンドの雪割りをしたものです。
まだ雪が深い時は、雪上ダッシュ等で体力作りにも励んでいました。
高校を卒業して、野球からは離れてしまいましたが、当時の経験は確実に
今の自分を良い方向へ成長させてくれていると感じていますね。

今の3月はというと・・・
そう、確定申告の季節ですね。
個人の確定申告は3月15日が申告・納税の期限となっていて、
会計事務所はこの時期が一番の繁忙期になります。

青春、とは少し違うかもしれませんが、3月を駆け抜けた時の達成感は、
もしかするとそれに近い感覚なのかもしれませんね。

そして今、10年前では考えられなかった青春が生まれています。
恐らく興味の無い方は聞いたこともないと思われますが・・・

“第1回 全国高校eスポーツ選手権”の決勝大会が3月23,24日に幕張メッセで行われました。
毎日新聞の主催で、2種の競技に全国の高校生153チームが出場した大会です。

eスポーツがスポーツかどうかという話は様々な意見があるかと思いますが、
競技として国内でここまで大規模な大会が開かれるというのは、
ひと昔前には想像もできなかったことです。

しかし、出場選手の表情やインタビューを見ていると、
これも確かに青春なんだなあと感じたところです。

漠然とした単語ではありますが、”青春”という言葉の定義も、
もしかすると時代と共に変わっていくのかもしれませんね。

“青春”といわず、”“が来てほしい宇野でした。