Page top

 

冬はつとめて。
雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、
火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。

【 冬は早朝がいい。
雪が降っているときは言うまでもない。霜がおりて白くなっているのも、
またとても寒い時に、火を急いで起こそうと炭をもってくるのも
冬の朝に大変似つかわしい。
しかし、昼になってだんだんと暖かくなったときに、
火桶の火も白い灰になってしまっているのは似つかわしくない。 】

との事でした。 清少納言さん より

最新のお知らせ