Page top

11月になると各社で、毎年のことながら、年末調整の書類が配られます。

そこで、配られた2枚の用紙を見比べてみてください。

右上に“保・配特“という字が丸印で囲まれている、(通称”マル保”といいます。)
保険料等申告書の一番上の欄には
「平成29年分の給与所得者の保険料申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」
と記載されています。

一方右上に“扶“という字が丸印で囲まれている(同様に”マル扶“といいます。)
書類には「平成30年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と書かれています。

このように同じ時期に配られますが、マル保は平成29年の年末調整で使うもの。

マル扶は平成30年の給与計算及び年末調整に使うもの。と使用時期がずれるのです。

以前より案内してますが、平成30年より配偶者控除の規定が改正になったため、
マル扶の区分Aの欄の名称が聞きなれない“源泉控除対象配偶者”という名称になっています。

★源泉控除対象配偶者とは以下のすべての要件を満たす方です。
① 生計を一にする配偶者で所得金額が85万円以下。
(給与所得のみの場合は年収150万円以下。)
② 世帯主(マル扶を書く人)の所得金額が900万円以下。
(給与所得のみの場合は年収1,120万円以下。)

実際に給料の源泉徴収などの事務が変わるのは平成30年からですが、
例えば、奥さんがパートで年間120万円の収入がある方などは、
今回配られる書類から、平成29年のマル保で配偶者特別控除の記載をして、
かつ、平成30年のマル扶に源泉控除対象配偶者として
記載しなければならないことになります。

配偶者控除改正の過去の記事はこちら

配偶者控除・配偶者特別控除
続・配偶者控除