Page top

平成29年税制改正の目玉である配偶者控除について、より具体的な内容に触れたいと思います。
今回の改正によって大きく改正されるのは、下記の2点です。

1 配偶者控除の対象になる配偶者の収入上限額の拡大

配偶者控除の対象になる配偶者の収入の上限額が、
現在の103万円から150万円まで引き上げられる予定です。
これにより、今まで扶養の範囲で103万円までしか働けなかった
という方も150万円まで働く事が出来ます。
また、150万円を超えても201万円までは段階的に
配偶者特別控除として所得控除を受けることが認められます。
上記については、あくまで税金の話ですので、
収入が130万円を超えると扶養者でも、社会保険の加入が
必要になってしまうなどのケースには注意が必要です。

2 世帯主の収入額による控除適用の制限

今回の改正で、世帯主の収入によって控除の限度額が定められました。
世帯主の収入の金額が1,120万円未満、1,170万円以下、
1,220万円以下によってそれぞれ控除の限度額が変わってきます。
世帯主の収入が1,220万円超の場合には、扶養控除の適用が受けられなくなります。

平成30年1月の収入からこの改正が適用される予定です。

ご質問等ございましたら、税理士法人エンカレッジまでお気軽にご相談下さい。