Page top

28年12月8日に平成29年度税制改正大綱が公表されました。
もうご存知かとは思いますが、配偶者控除・配偶者特別控除が見直される見通しです。
そもそも配偶者控除・配偶者特別控除とは、どのような制度かおさらいしてみましょう。

配偶者控除とは、
①納税者の配偶者(内縁関係の人は該当しません)で
②納税者と家計が一緒で
③その配偶者の年間の所得が38万円以下
(収入が給与だけであれば年収103万円以下)
である場合に、その納税者の所得から38万円控除することができるという制度です。

また配偶者特別控除とは、配偶者に38万円を超える所得があるため、
配偶者控除の適用が受けられない場合であっても、
①納税者の所得が1,000万円以下で、
②配偶者控除の①②の要件を満たし、
③配偶者の所得が38万円超76万円未満
であれば、配偶者控除ほどではなくても、
段階的にある程度の控除は認めますよという制度です。

平成30年からは配偶者の所得制限を引き上げると同時に、
納税者の所得に応じて配偶者控除・配偶者特別控除額が変動する仕組みになる予定です。

※下記は納税者・配偶者の収入が給与のみの場合の図解です

※時事通信社:
JIJI.COM http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_zeisei20161208j-07-w460より一部抜粋