Page top

<概要>
男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りに取り組み、
男性労働者に育児休業を取得させた事業主に最大60万円助成する制度です。

<支給要件>
次の全ての要件に該当する事業主が対象となります。

① 支給対象となった男性労働者の育児休業の開始前3年以内に連続14日以上
(中小企業は5日以上)育児休業を取得した男性労働者がいない。

② 平成28年4月1日以降、男性が育児休業を取得しやすい職場風土作りのための
取り組みを行った。

③ 雇用保険の被保険者として雇用している男性労働者に、子の出生後8週間以内に開始する、
連続14日以上(中小企業は連続5日以上)の育児休業を取得させた。

④ 育児休業の制度及び育児のための短時間勤務制度について、
労働協約または就業規則に規定している。

⑤ 一般事業主行動計画を策定し、その旨を都道府県労働局長に届け出ている。
また、その一般事業主行動計画を公表し、労働者に周知するための措置を講じている。

<受給できる額>
助成金の支給は、一の年度(4月1日から3月31まで)において1事業主あたり1人までです。

① 最初に支給決定を受ける事業主(1人目)・・・中小事業主60万円、それ以外30万円
② ①の翌年度以降に育児休業取得者が生じた事業主(2人目以降)・・・15万円

詳しい内容は厚生労働省のHPをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/index.html
(URLをクリックするとページに飛びます。)