Page top

少子高齢化が進む中、政府は一億総活躍社会の実現に向け様々な政策を掲げています。

【女性の就労率向上】や【介護離職者(自身の身近な方の介護が原因による離職)ゼロ】など
雇用についての対策も実施されていますが、機械を導入したり、従業員の能力向上させるなどして
【生産性を向上】させるための助成金も強化されています。

本日ご紹介するのは従業員の能力向上、人材育成に取り組む事業主向け助成金
キャリア形成促進助成金です

キャリア形成促進助成金のうち、”制度導入コース”は
制度を導入することで50万(中小企業以外は25万円)の助成があります。
組み合わせて助成を受けることも可能です。

 

■教育訓練・職業能力評価制度
従業員に対する教育訓練か職業能力評価をジョブカードを活用し計画的に行う制度を導入し、
適用した場合に助成

■セルフ・キャリアドック制度
一定の要件を満たしたセルフ・キャリアドック制度を導入し、適用した場合に助成
セルフ・キャリアドック制度とは、ジョブカードを活用したキャリアコンサルタントによる
キャリアコンサルティング(労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に
関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと)を定期的に提供する制度

■技能検定合格報奨金制度
技能検定に合格した従業員に報奨金を支給する制度を導入し、適用した場合に助成

■教育訓練休暇等制度
教育訓練休暇制度または教育訓練短時間勤務制度を導入し、適用した場合に助成

■社内検定制度
社内検定制度を導入し、実施した場合に助成

 

詳しくは厚生労働省のHPをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

活用マニュアル
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/280401m1_3.pdf

※URLをクリックするとページに飛びます。