【概要】
労働時間等の改定を行い、自宅やサテライトオフィス(本拠地から離れた場所に
設置されたオフィス)での勤務を推進する事業主の方が受給できる助成金です。
子育てや介護、妊娠やケガなどさまざまな理由で長時間拘束の勤務が困難な従業員が、
生活と業務の調和ができる社会づくりを目指しています。

【受給対象となる事業主の要件】
以下の要件をすべて満たしている事業主。
(1)労働者災害補償保険を適用している事業主
(2)中小企業の事業主
(3)テレワークを新規で導入する・試行的に導入している事業主、
又はテレワークを継続的に活用する事業主

【支給対象の取組】
・テレワーク用通信機器の導入・運用
・保守サポートの導入
・クラウドサービスの導入
・就業規則・労使協定等の作成・変更
・労務管理担当者や労働者に対する研修、周知・啓発
・外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング

【受給額】
成果目標を達成した場合・・・一企業あたり150万円を上限
成果目標が未達成の場合・・・一企業あたり100万円を上限

詳しい内容につきましてはコチラまで
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html
(URLをクリックするとページに飛びます。)