1.労働移動支援金の中途採用拡大コースとは

就労していた企業の事業縮小によって離職した労働者の採用計画を立てたうえで
中途採用者として採用した事業主の方が利用することができるコースです。
また45歳以上の労働者をはじめて雇用した事業主の方も利用することができます。
離職した労働者の中途採用を増やし会社の生産性を向上することで助成金を受給する
ことができるため、求職者の方にとっても事業主の方にとってもメリットがあるもの
となっています。

2.1事業所あたりの受給額

①中途採用率の向上      50万円
②45歳以上の初採用  60万円

3.支給対象の労働者

①助成金の申請を行う事業主から中途採用によって雇用された方。
②助成金の申請を行う事業主から雇用保険一般被保険者・高年齢被保険者の
いずれかとして雇用された方。
③パート従業員を除く、無期限の労働者として雇用された方。

4.受給要件

受給するためには、以下の全ての措置をとることが必要です。

①一定の中途採用計画を作成し管轄の労働局へ提出すること。
②中途採用計画期間内に中途採用率を向上させること、又は中途採用計画期間内に
45 歳以上の方を初めて中途採用すること。
③申請を行う年の直前年度の生産性が、3年度前の生産性と比較して6%以上
伸びていること。

5.申請方法の流れ

①中途採用計画の提出
②中途採用計画の実施
③支給申請

詳しい内容につきましてはコチラまで
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000160737.html
(URLをクリックするとページに飛びます)