【概要】
65歳以上への定年引上げ等の取組みを実施した
事業主に対して助成するものであり、高年齢者の就労機会の確保
および希望者全員が安心して働ける雇用基盤の整備を目的としています。

【主な受給要件】
(1)平成28年10月19日以降、労働協約又は就業規則による、
 以下のいずれかの制度を実施したこと。
 ①65歳以上への定年引上げ
 ②定年制度の廃止
 ③66歳以上の継続雇用制度の導入
(2)制度規定に際し経費を要したこと。
(3)制度を規定した労働協約又は就業規則を整備していること。
(4)一定期間以上、高年齢者雇用安定法第8条又は
第9条第1項の規定に違反していないこと。
(5)1年以上雇用されている60歳以上の雇用保険被保険者
(雇用保険の加入者)が、1人以上いること。

【支給額】
実施内容に応じて、次の額を支給します。
(1)65歳への定年引上げ               100万円
(2)66歳以上への定年引上げ又は定年制度の廃止    120万円
(3)希望者全員を66歳から69歳まで継続雇用制度の導入  60万円
(4)希望者全員を70歳以上まで継続雇用制度の導入    80万円

詳しい内容は厚生労働省のHPをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000139692.html
(URLをクリックするとページに飛びます。)