早期経営改善計画。
平成29年5月29日から、経営改善支援センターより出された支援事業です。
認定支援機関である、税理士法人エンカレッジと協力して、経営課題に焦点をあて、
発見や分析、把握することが出来るとともに、金融機関にも事業の将来像を
明確に知って頂く良い機会として十分に期待できます。

利用の前提条件としては、
「金融機関より借入がある中小企業・小規模事業者」ということだけですので、
幅広い方にご利用いただける制度です。

特に活用して頂きたい方としては、
*資金繰りが厳しく、今後に不安な方
*売上が減少傾向にあるが、原因が把握できず悩んでいる方
*改めて自社の状況を客観的な意見を聞いてみたい方 など
その他、現在の経営についてお悩みがあれば有効に活用できるかと思います。

先行して実施されている「経営改善計画」という支援事業もありますが、
「経営改善計画」は主として金融支援(条件緩和等)を伴う支援事業であるのに対し、
「早期経営改善計画」は、簡潔に、資金実績・計画表やビジネスモデル俯瞰図を活用して
より経営に資する情報を得ることを第一とします。

計画策定費用、モニタリング費用についても経営改善支援センターが
2/3(上限20万円)を負担することになっていますので、費用面のご負担も軽減されます。

策定後もローカルベンチマークと併用して活用の幅を広げることもできますので、
ご利用の際は各担当者までお問合せください。